理想の広さの土地を探すコツと注意すべきこと

耐震性が強い家で命を守る

つみ木

揺れに強いマイホームを

地震の発生は現状では予測が困難なうえ、東日本大震災以来、日本各地で強い揺れをともなう地震が頻発していて、今後もこの傾向は続いていくとされています。そのような地震大国に住んでいるからには、一日のうちで長い時間を過ごす事になるマイホームを地震に強い家にしておいたほうが安心です。地震に強い家を建築するには、一般的には耐震や免震構造の家を建てる事で強震にも耐えられるとされています。耐震は、筋交いなどで構造そのものの強化を図り揺れに耐える工法で、免震は建物と地面との間に揺れを吸収するゴム材などを設け、揺れの強さを弱める事ができる工法となります。また、地震に強い家にするには縦や横にかかる力に強い構造にする事が大切で、家のデザインをあまり奇抜なものにせず正方形に近い形の家にしたほうが、構造的に強くなり地震に強い家となります。また、新築住宅を建売で購入する際には、立地する地盤の強さも地震の揺れに影響してきます。やわらかい地盤であれば、地震の揺れが増して建物に伝わる事になりますので、出来れば硬い地盤の土地でマイホームを購入するなりしたほうが良いでしょう。地盤の強さは行政が出しているハザードマップで確認可能ですので、必要な時は市役所などでもらって確認してください。地震に強い家にもランクがあり、自分が建てたり建売購入するマイホームがどのくらい地震に強い家なのかを確認するには、住宅性能表示を見ると耐震性が分かるようになっています。